Job@RAG
仕事をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
音楽関係の仕事につくために、10代からやっておきたい7つのこと

音楽関係の仕事に就くために、10代からやっておきたい7つのこと

私が10代の頃はというと、インターネットはまだ今のようには普及しておらず、音楽に関連する仕事の情報は普通科の学校にはほとんどありませんでした。

そんな暗中模索の毎日の中で、ライブ音響やレコーディング業務、イベント企画や音楽制作など、さまざまな音楽の業務に携わってきた経験でいえることはたった一つ。

まずは好きなことや興味があることに飛び込んでみてください。

どんな道であろうとも、3年間しっかりやれば食べられるくらいにはなれます。

わたくしは高校を卒業後、音響や映像の専門学校のビジュアルアーツ専門学校に通っていました。

音楽関係のお仕事をやる上で、学生時代にやっておいて活かされたことや、これからの未来に向けてやっておくべきことをお伝えします。

音楽の仕事ってなにがあるの?

まず、音楽関係の仕事を大きく3つに分類して紹介していきます。

ミュージシャン・演奏活動系

キーボード演奏

http://o-dan.net/ja/

みなさんもよく見たことがある歌手やバンドはもちろん、その裏側で演奏したり作曲されたりする人も、歴(れっき)としたミュージシャンの仕事です。

演奏者は「楽器を奏でる」「音楽を創造するところ」が主な活動であり、自分自身をいかに磨き上げていくかがカギとなり、若いうちから楽器演奏においての技術習得は必須です。

楽器演奏以外での付加価値も求められるマルチな時代になってきていますが、あくまでそのベースとしての「特定の楽器演奏を極める」ことで仕事の価値が上がっていき、より実績が伴います。

お仕事形態

  • 歌手・バンド活動
  • サポートミュージシャン
  • 作編曲家・アレンジャー
  • 音楽教室講師……など

技術者系

レコーディングミキサー卓

http://o-dan.net/ja/

音楽業界には、ライブや音源作品、映像作品……など、表舞台のアーティストを裏方で支えるプロの技術者がたくさんいます。

ステージで演奏しているアーティストの音をマイクで集音し、お客さんに大きい音で届けるのはPAエンジニアや、音響スタッフの仕事です。

そのステージで派手に動き回る照明や、舞台などを手がける仕事もあります。

レコーディングや映像は「音を記録」して、いつでもどこでも楽しめる作品にする仕事です。

ときには困難に立ち向かう場面もありますが、アーティストと一緒になって作品を作り上げることは何物にも代えがたい、やりがいのある仕事となります

さまざまな音楽ジャンルの現場で活躍するセクションです。

お仕事形態

  • PAエンジニア
  • コンサートスタッフ(舞台、照明、音響など)
  • レコーディングエンジニア
  • 映像制作
  • カメラマン
  • 楽器クラフトマン・リペアマン……など

おすすめの記事あわせて読みたい